【文化・教養】ユークリッド原論の世界

【文化・教養】ユークリッド原論の世界

お茶の間ゼミ


イベント詳細


2019年1月20日㈰ 13:00~14:30
ヨーロッパにおける2大ベストセラー書物は『聖書』と『原論』と言われています。
『原論』というのは、紀元前300年ごろに古代ギリシア文明圏で、ユークリッドという数学者によって書かれたとされている世界最初(?)の体系的な数学書のことです。
厳密な学問の見本とされてきた書物です。ユークリッド幾何学という言葉は耳にしたことがあると思います。
今回はその『原論』の最初の部分をちょっと覗いてみましょう。

関連記事