【文化・教養】地震活動期の日本列島と首都直下型大地震に備える

【文化・教養】地震活動期の日本列島と首都直下型大地震に備える


イベント詳細


2017年12月2日㈯ 13:00~14:30
1995年兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)以降、2011年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)を挟み2年に1回の頻度で内陸直下大地震が発生し、日本列島は明らかに地震活動期に入っています。
千葉県を含む南関東も江戸の時代から直下型大地震を経験し大きな被害を受けてきました。
繰り返された過去の地震から震源の種類・地震の規模と発生間隔・災害の程度を学び、首都直下で起こる大地震の切迫性を知るとともに、減災ための準備を始めましょう。

関連記事